Home > スポンサー広告 > 【熊野・伊勢の旅】5.飛瀧神社・那智の滝

Edit

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- Comments

茶吉っつあん  2009-10-06 (Tue)  URL  Edit

はじめまして!

本当に綺麗な写真ですね~、ため息でちゃいます。
なんだか・・・清々しい気持ちになりました。

紅葉の季節ですね・・・美しい写真、期待しちゃいます。

あや  2009-10-06 (Tue)  URL  Edit

e-399茶吉っつあんさん
はじめまして♪
ご訪問&コメントありがとうございます(^^)

こういう場所に来ると、なぜか気持ちが穏やかになるというか、
不思議な気持ちになっちゃいます。
滝を見るのが大好きなので、なおさら…だったのかもしれません。
写真、褒めてくださってありがとうございます♪
よろしかったら、また遊びにいらしてくださいね^^

湖のほとりから・・・  2009-10-06 (Tue)  URL  Edit

こんにちは。
滝は不思議な魅力がありますね。
す~っと絹糸のように流れ落ちる・・・。
>注連縄が張られているんですが・・・
見えました~!本当にどうやって設置したのでしょう?

あや  2009-10-07 (Wed)  URL  Edit

e-399湖のほとりから・・・さん
大きな滝はもちろんですけど、小さな滝にも綺麗な流れがあったりして、
いつまで見ていても飽きないんですよね~。
ほんと、不思議な魅力がある気がします。
注連縄、不思議ですよね~。
きっとあそこまで登っていける階段とかがあるんでしょうけど、
あそこまで登るのか・・・と思うとゾッとします(笑)

Comment Form
※非公開
 HTMLタグは使えません。
※秘密コメント

- Trackback

TrackBack URL for this entry
http://ayablogdiary.blog63.fc2.com/tb.php/262-bc113202
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Leisured life

Home > スポンサー広告 > 【熊野・伊勢の旅】5.飛瀧神社・那智の滝

Home > [旅日記]熊野・伊勢 > 【熊野・伊勢の旅】5.飛瀧神社・那智の滝

Edit

【熊野・伊勢の旅】5.飛瀧神社・那智の滝

今回の旅の中で、一番訪れたかった場所、「那智の滝」。
その滝をご神体として祀ってある
熊野那智大社の別宮、「飛瀧神社(ひろうじんじゃ)」までやってきました?。

那智の滝

「鎌倉積み」と呼ばれる石段
飛瀧神社までは、三重の塔のあった場所からさらに石段を登ったり降りたりして、山奥へと入っていきます。
この石段、「鎌倉積み」と呼ばれるそうなんですけど、その名前の由来までは調べきれず…(^^ゞ
けっこう段差があり、相変わらずキツイ階段です。トホホ。
(滝から帰ってくる時の方が、若干上りが多い…かな(笑)。)

飛瀧神社の鳥居
そのキツイ階段を登ったり下ったりしているうちに、飛瀧神社の鳥居が見えて来ました。
周りの巨木に囲まれて、鳥居が小さく見えますね?。

延命長寿の水
こちらは、飛瀧神社から那智の滝へ向かう途中にある「延命長寿の水」。
100円払って神盃を買い、その神盃でお水を汲んで飲む…というシステム(笑)になっています。
私達は、記念に1枚だけ神盃を買いました(^^)
(飲んだのは二人分…というのはココだけの話デス。)

那智の滝
そして…。
お滝壺拝所からの「那智の滝」。

落差133メートルの日本一の直瀑で、「日本の滝100選」や「日本の音風景100選」にも選ばれている滝です。

この「お滝壺拝所」へ来るには300円の参入料がかかりますが、瀧を間近から見る事ができるのでオススメですよ。
ちなみに、延命長寿の水もこの300円を払った先にあります(笑)

那智の滝
滝の落ち口が3つに分かれていて、滝が3本になって落ちることから「三筋の滝」ともいわれているそうです。
よ?く見ると、注連縄が張られているんですが(見えるかな?)、この注連縄、毎年2回、7月と12月に神職さん達によって張り替えられるそうです。
どうやって、あそこまで登って、どうやって張り替えてるんでしょうかねぇ。
想像するとちょっと恐いわ?。

那智の滝
岩肌を滑り落ちるように流れてくる水。水しぶきが辺り一面に飛び散ってました。
夏の暑い時にきたら、最高に気持ちいいだろうなぁ?。
あ、この滝はご神体でしたね(汗)。

那智の滝
滝壺の深さは10メートル。
昔はもっと広くて深かったそうですが、周囲の岩石が落下して滝壺が埋もれてしまったため、
今の広さと深さになってしまったとか。
それでも、10メートルの深さですものね?。目の前でみるとすごい迫力ですよ。

那智の滝
滝が大好きな私達。
のんびり、じっくり、いつまでも眺めていたかったけど、行きたい所は他にもたっくさん。
それでも、朝早いせいもあって、比較的空いていたのがラッキーでした。 ほとんど滝を二人占め(笑)でしたからね♪


別れを惜しみつつ、次の目的地、熊野速玉神社へと向かいます?。

(2009年9月5日 訪問)


より大きな地図で 2009.09 熊野・伊勢旅行 を表示


【熊野那智大社】

関連記事

Tags: 和歌山県  熊野  世界遺産  9月の旅  神社    

4 Comments

茶吉っつあん  2009-10-06 (Tue)  URL  Edit

はじめまして!

本当に綺麗な写真ですね~、ため息でちゃいます。
なんだか・・・清々しい気持ちになりました。

紅葉の季節ですね・・・美しい写真、期待しちゃいます。

あや  2009-10-06 (Tue)  URL  Edit

e-399茶吉っつあんさん
はじめまして♪
ご訪問&コメントありがとうございます(^^)

こういう場所に来ると、なぜか気持ちが穏やかになるというか、
不思議な気持ちになっちゃいます。
滝を見るのが大好きなので、なおさら…だったのかもしれません。
写真、褒めてくださってありがとうございます♪
よろしかったら、また遊びにいらしてくださいね^^

湖のほとりから・・・  2009-10-06 (Tue)  URL  Edit

こんにちは。
滝は不思議な魅力がありますね。
す~っと絹糸のように流れ落ちる・・・。
>注連縄が張られているんですが・・・
見えました~!本当にどうやって設置したのでしょう?

あや  2009-10-07 (Wed)  URL  Edit

e-399湖のほとりから・・・さん
大きな滝はもちろんですけど、小さな滝にも綺麗な流れがあったりして、
いつまで見ていても飽きないんですよね~。
ほんと、不思議な魅力がある気がします。
注連縄、不思議ですよね~。
きっとあそこまで登っていける階段とかがあるんでしょうけど、
あそこまで登るのか・・・と思うとゾッとします(笑)

Comment Form
※非公開
 HTMLタグは使えません。
※秘密コメント

0 Trackback

TrackBack URL for this entry
http://ayablogdiary.blog63.fc2.com/tb.php/262-bc113202
Listed below are links to weblogs that reference
【熊野・伊勢の旅】5.飛瀧神社・那智の滝 from Leisured life

Home > [旅日記]熊野・伊勢 > 【熊野・伊勢の旅】5.飛瀧神社・那智の滝

Search
Tag Cloud
About

プロフィール画像

Author: あや

埼玉からの日帰りや泊まりでのお出かけ記録をのんびり更新しています。

コメントはお気軽にどうぞ♪
(TBは承認制になっています。)

※著しい宣伝行為やスパム等、管理人が不適切と判断したものについては削除させていただきますので御了承ください。
また、画像等の無断使用、転載等もご遠慮ください。

PRAY FOR JAPAN
がんばろう日本!
Ranking

人気ブログランキング

Meta

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。